top of page

​Home > Profile

Profile

Yoko Ishii portrait

山口県生まれ。神奈川県在住。2011年3月より、奈良、宮島などで人の街に棲み、人間たちの決めた境界線を軽やかに越えて街を闊歩している鹿たちを捉えたシリーズを開始。現在は、北海道から沖縄まで全国に撮影エリアを広げ、神の遣いから害獣まで棲む場所によって変わる鹿と人間のアンビバレントな関係を描いている。

2015年12月リトルモアより写真集「しかしか」刊行。2016年に銀座ニコンサロンで初個展を開催後、同年に大阪ニコンサロン、2017年に神戸・ミラージュ・ギャラリー、2019年に東京・KKAG、2022年にIG Photo Gallery、入江泰吉記念奈良市写真美術館、春日大社着到殿で写真展を開催。フランス、ドイツ、米国、マレーシア、ニュージーランドなど、世界各地で作品を展示し、仏ル・モンド、英インディペンデント、米ニューヨーカー、ハフィントンポスト、ワイヤードなど各国のメディアで取り上げられている。

● 個

2016年  1月 「境界線を越えて」 銀座ニコンサロン(銀座)

        2月 「境界線を越えて」 大阪ニコンサロン(大阪)

2018年  1月 「Life」 ミラージュ・ギャラリー(神戸)

2019年  5月 「Deer Planet」 オークランド・フォトグラフィ・フェスティバル(ニュージーランド)

2019年  9月 「都築響一の眼」vol.2 「鹿の惑星」Kiyoyuki Kuwabara Accounting Gallery(馬喰町)

2022年  6月 「Shadows in Suburbia」 IG Photo Gallery(東銀座)

2022年11月 「一天四海 鹿参集」 春日大社着到殿(奈良)

2022年12月 「しかしかノエル」 奈良まほろば館(新橋)

 

● 主なグループ展

2014年  8月 OBSCURA 2014 Japanese Photography Showcase(マレーシア・ペナン)

2014年12月 Angkor Photo Festival スライドショー上映(カンボジア・シェムリアップ)

2017年  7月 YPF in Arles(フランス・アルル)

2017年  9月 Stadthaus Ulm  “Urban Wildlife” (ドイツ・ウルム)

2018年11月 屋久島国際写真祭(鹿児島県屋久島町)

2020年  8月 二人展「Abandoned Kingdoms」Aux Dock d'Arles(フランス・アルル)

2022年  7月 「新鋭展」 入江泰吉記念奈良市写真美術館(奈良)

2023年  4月   二人展「棄てられた王国」ギャラリー悠玄(京都)

 

● 主な受賞

レンズカルチャー「ストリート・フォトグラフィ・アワード2019」審査員賞(レベッカ・ノリス・ウェブ選)

lenscultureFature ShootWired.comThe IndependentLe Mondeなど海外のメディアで作品掲載多数。

bottom of page